ウォルマートとペプシコ、再生農業に約171億円を投資

ウォルマートとペプシコ、再生農業に約171億円を投資

7月26日、ウォルマートとペプシコは、米国とカナダの200万エーカー以上の農地で再生可能農業の導入を可能にすることを目的とした新たな戦略的協力関係の開始を発表した。

1億2,000万ドル(約171億円)を投資する同社の計画は、土壌の健全性と水質を改善するための農家支援に重点を置いている。

再生農業の実践は、農業部門が環境に与える影響に対処することを目的としており、生態系の改善と回復、土壌の健全性と肥沃性の構築、排出量の削減、流域管理の強化、生物多様性の増加、農家の生計向上などの技術が含まれる。

農業は、温室効果ガス排出量の大きな割合を占め、気候変動への影響が最も懸念される分野であることから、気候変動対策の主要な重点分野として浮上してきた。この部門は、食品・飲料部門が気候変動に与える影響の大部分を占めており、ひいては世界の温室効果ガス排出量の約3分の1を占めている。

両社によると、新イニシアティブは、2030年までに約400万トンの温室効果ガス(GHG)排出削減・除去を実現することを目標としている。

新イニシアティブは、ペプシコが2021年に発表した広範なサステナビリティアジェンダ「pep+」に続くもので、「ポジティブ農業」を3つの重要な柱の1つに掲げ、同社の700万エーカーの農業フットプリント全体に地球を回復させる再生可能な実践方法を広めることを目標としている。ウォルマートの持続可能性目標には、2030年までに少なくとも5,000万エーカーの土地と100万平方マイルの海洋の保護、管理、回復を支援する目標が含まれている。

新たな協力関係の下、両社は農家の生活を向上させ、土壌の健全性をより持続的に管理し、収穫量を増やす方法について農家と協力することを目指すと述べた。両社はまた、本コラボレーションは、他のブランドが再生可能農業に投資するために、他の製品カテゴリーが利用できるモデルを生み出す可能性があると述べた。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo and Walmart Aim to Support Regenerative Agriculture Across More than 2 Million Acres of Farmland
(日本語訳)ペプシコとウォルマート、200万エーカー以上の農地で再生農業支援を目指す

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る