インベスコ、クライメート・アクション100+から脱退へ

3月1日、アトランタに本拠地を置くグローバル資産運用会社インベスコが温室効果ガスの排出量削減や気候変動移行を促進するクライメート・アクション100+(CA100+)から脱退することを発表した。

CA100+は近年JPモルガン・アセット・マネジメントやステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ、PIMCOが離脱し、ブラックロックは取り組みへの参加をブラックロック・インターナショナルに移管した。

2017年に設立されたCA100+は世界最大級の温室効果ガス(GHG)排出企業に対して、気候変動に必要なアクションを促し、世界平均気温の上昇を1.5℃まで抑えるためのネット・ゼロビジネス戦略を支援する。同組織には700を超える投資家が所属しており、68兆ドル(1京円)の総資産を抱える。

一方で、CA100+は反ESGを掲げる政治家の攻撃の対象になっている。米共和党州検事総長は2023年、同組織への参加は投資家の受託者責任の遵守と反トラスト規制の遵守について懸念を引き起こすという内容の書簡を大手資産運用会社に送った。

【参照ページ】
(原文)Invesco joins list of US asset managers to exit CA100+ climate group
(日本語参考訳)インベスコ、CA100+気候グループから撤退する米国資産運用会社のリストに加わる

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る