食品大手のInnovafeed・Cargill、パートナーシップを拡大し、養殖業者に健康的な新素材を提供

6月30日、食品大手のInnovafeedとCargillは、地球に優しい原料の特定と栽培、副産物の新たな再利用方法の発見、養殖魚の健康を促進・増進する魚肉栄養を開発し、健康的な新素材を提供すると発表した。

本契約は、Innovafeedの精密な昆虫成分の配合に関する専門知識とCargillのグローバルな動物栄養学の能力を組み合わせ、複数の種類の動物飼料における昆虫成分の使用拡大を目的としている。新しい契約のもと、Cargillはサケ科魚類のための高性能で持続可能な原料の恩恵を受ける。昆虫由来の飼料は、栄養、生産、持続可能性など、あらゆるレベルで他のタンパク源に代わる競争力のある選択肢となっている。

InnovafeedとCargillは、資源を最大限に活用し、廃棄物を大幅に削減した高品質の飼料を製造している。農業の副産物は、黒兵隊の幼虫の餌として使用される。また、幼虫が一定の段階に達すると、タンパク質と油が抽出され、カーギルの養殖種や、ヒヨコや子豚などの幼獣用の飼料に使用される。

【参照ページ】
(原文)Innovafeed and Cargill extend their partnership to bring healthy novel ingredients to aquafarmers
(日本語訳)Innovafeed・Cargill、パートナーシップを拡大し、養殖業者に健康的な新素材を提供

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る