4月4日、サプライチェーンのリスク分析企業であるEverstream Analyticsは、5,000万ドル(約65億円)の資金調達を発表した。本資金は、サプライチェーンのサステナビリティを加速させるために、オペレーションリスクとESGパフォーマンスにおける同社のイノベーションの推進を目的としている。

Everstreamは、人工知能と予測分析を調達、物流、事業継続のプラットフォームに適用し、より完全な情報、分析、予測を生成することで、企業がより自律的で持続可能なサプライチェーンを実現することを目的としている。同社のソリューションは、世界中のサプライチェーン・デューデリジェンス規制への準拠を実証し、インテリジェントな物流提案を通じて排出量削減を促進することが可能である。

本資金調達は、2022年の予約件数が2年連続で前年比2倍となるなど、同社が大きく成長したことを受けたものである。Everstreamの顧客には、Danone、Abbott Laboratories、Boston Scientific Corporation、Intertape Polymer Groupなどがある。

シリーズBの資金調達ラウンドは、Morgan Stanley Investment Management(MSIM)の1GTプライベート・エクイティ・プラットフォームと、グローバル・プライベート・マーケット投資会社StepStone Groupが共同で主導した。Morgan Stanleyは、2050年までに10億トン(1ギガトン)のCO2排出を削減する気候ソリューション企業に投資するため、2022年11月に1GTを立ち上げた。

【参照ページ】
(参考記事)Everstream, which applies big data to supply chain management, raises $50M

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る