9月27日、機関投資家の気候変動アクション・イニシアティブClimate Action 100+(CA100+)は、ネット・ゼロ企業ベンチマークに照らし、排出量の多いオーストラリア企業14社に対する最新の評価を発表した。

全体的な結果は、特にコミットメントの作成と情報開示において、着実な進展が続いていることを示している。しかし、多くのオーストラリア企業がネット・ゼロのコミットメントを完全に開示しているものの(57%)、移行を適切に開始するための短期的な目標を設定している企業はわずか7%にとどまる。また、それに伴う移行計画は、1.5℃のパスウェイ(開示指標5と6)に整合させるための定量化や資本配分を欠くとした。公正な移行(開示指標9)のスコアに関しては、71%の企業がこの指標の基準を満たしていない結果となった。

オーストラリアにおける14の重点企業の評価は、他の重点企業に先駆けて発表され、オーストラリアの委任状提出時期や今後の年次総会に先立ち、投資家に重要なベンチマークデータを提供する。CA100+は、10月中旬に残りの重点企業を含む136の評価を発表する予定。

【参照ページ】
(原文)LATEST NET ZERO COMPANY BENCHMARK RESULTS SHOW SLOW PROGRESS FOR AUSTRALIAN FOCUS COMPANIES.
(日本語参考訳)CA100+、排出量の多い豪14社に対する評価を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る