Inditex、Maerskと低炭素海運契約を締結

10月16日、ファッション小売企業のInditexは、低炭素燃料の使用を通じて、海上輸送によるインディテックスの世界的な温室効果ガス(GHG)排出量を削減することを目的とした、総合コンテナ物流企業A.P. Moller – Maerskとの新たなパートナーシップを発表した。

新協定に基づき、InditexはMaerskとのすべてのインバウンド航路に、グリーンメタノールや廃棄物原料由来のバイオディーゼルなどの代替燃料を導入する。本契約は、 MaerskのECOデリバリー・プログラムを通じて結ばれたもので、化石燃料をグリーン燃料に置き換えることで直接的な排出削減を可能にし、監査によるCO2削減と第三者による検証を提供する。

グリーン燃料を使用することで、従来の燃料源と比較して、1リットル当たりの温室効果ガス排出量を80%以上削減できると推定される。

ZARAやMassimo Duttiなどのブランドの親会社であるInditexは、2030年までにバリューチェーンのスコープ3排出量を含む排出量を50%削減し、2040年までに全事業分野でネット・ゼロ企業になることを約束している。2021年には、2040年までに海上輸送をゼロ・カーボン輸送に移行することを約束した。同社はまた、気候変動に前向きな貨物船主のためのプラットフォームであるThe Cargo Owners for Zero-Emission Vessels (coZEV)のメンバーでもあり、ゼロ・カーボン・ソリューションを推進するための具体的な共同プロジェクトを展開している。

Maerskは低炭素船隊の拡充に向けた一連の動きを発表しており、2021年の世界初のカーボンニュートラルなメタノール燃料コンテナ船の発注を皮切りに、25隻のメタノール対応船を発注している。同社は今年初め、化石燃料を燃料とする既存のコンテナ船をメタノールを燃料とする二重燃料船に改造する業界初の改造計画を発表し、今後の改造計画も発表した。同社は一連の炭素削減目標を発表しており、その中には2040年に全事業・全範囲でガス排出量ネットゼロを達成する目標や、2030年までに海上輸送船隊のコンテナ輸送量当たりの排出量を50%削減する目標、完全管理されたターミナルからの絶対排出量を70%削減する目標などが含まれている。

【参照ページ】
Inditex partners with Maersk to reduce its maritime transport emissions

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る