農薬・種子会社Corteva、BASF・MS Technologiesと業界初の大豆形質転換スタックを市場に投入する契約を締結

6月29日、農薬・種子会社Corteva Agriscienceは、化学メーカーBASFとソフトウェア会社MS Technologiesと共に、線虫抵抗性大豆 (NRS)形質を持つ次世代大豆「Enlist E3」を米国とカナダの農家向けに開発するため、相互に有益な形質ライセンス契約を締結したと発表した。

本契約の一環として、3社はEnlist E3大豆形質とNRS形質転換体を相互にライセンスしている。3社は、適用される規制当局の審査と圃場試験の完了を待って、2020 年代後半にNRS 形質を含む Enlist E3大豆品種の商品化を見込んでいる。

Enlist E3大豆は、2,4-Dコリン、グリホサート、グルホシネート除草剤に耐性があり、Enlist除草システムと組み合わせることで抵抗性雑草や防除が困難な雑草を管理するための新たな選択肢を農家に提供する。

Enlist E3大豆形質は、CortevaとMS Technologiesが共同で開発・所有し、2019年に商品化された。

【参照ページ】
(原文)Corteva, BASF and MS Technologies Sign Agreement to Bring Industry-1st Soybean Trait Stack to Market
(日本語訳)Corteva・BASF・MS Technologies、業界初の大豆形質転換スタックを市場に投入する契約を締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る