Diligent、取締役会レベルのESGレポーティング・プラットフォームを立ち上げ

 

5月2日、ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)SaaSソリューションプロバイダーのDiligentは、ダッシュボードベースの新しいプラットフォーム「Board Reporting for ESG」の提供を開始したことを発表した。本プラットフォームは、経営陣や取締役への報告用に組織のESGデータと態勢を包括的に表示することを目的としている。

本プラットフォームの主な特徴は、企業の持続可能性パフォーマンスとステークホルダーの認識との関係についての洞察を提供するレポートダッシュボード、炭素目標に対する進捗状況、同業他社のベンチマーク開示、スコープ1、2、3排出量に関する情報、業界平均をベンチマークとしたClarity AIとS&P GlobalによるESGスコア、取締役会に提出するためのベストプラクティスとトレーニング資料(ディリジェントの認証、Climate LeadershipとESG Leadershipにアクセスできるもの)である。

DiligentのESG&データインテリジェンス担当マネージングディレクター、Amanda Cartyによると、本プラットフォームの立ち上げは、サステナビリティの専門家が「圧倒的な量の気候データの収集と整理」、「取締役会に明確で説得力のあるストーリーを提示する」という重要課題に対応することを目的としている。

本ソリューションは、同社が2021年に、ESGデータ集約・報告ソフトウェア会社Accuvioの買収と同時に発表した、同社のGRCプラットフォーム上でのESGソフトウェアソリューション「Diligent ESG」の発売を受けたものである。

【参照ページ】
(原文)Diligent Launches Board Reporting for ESG, Providing Directors with Clear and Consistent Insight into Climate Performance amid CSRD and Upcoming SEC Climate Disclosure Requirements
(日本語訳)Diligent、取締役会レベルのESGレポーティング・プラットフォームを立ち上げ

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る