Diligent、取締役会レベルのESGレポーティング・プラットフォームを立ち上げ

 

5月2日、ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)SaaSソリューションプロバイダーのDiligentは、ダッシュボードベースの新しいプラットフォーム「Board Reporting for ESG」の提供を開始したことを発表した。本プラットフォームは、経営陣や取締役への報告用に組織のESGデータと態勢を包括的に表示することを目的としている。

本プラットフォームの主な特徴は、企業の持続可能性パフォーマンスとステークホルダーの認識との関係についての洞察を提供するレポートダッシュボード、炭素目標に対する進捗状況、同業他社のベンチマーク開示、スコープ1、2、3排出量に関する情報、業界平均をベンチマークとしたClarity AIとS&P GlobalによるESGスコア、取締役会に提出するためのベストプラクティスとトレーニング資料(ディリジェントの認証、Climate LeadershipとESG Leadershipにアクセスできるもの)である。

DiligentのESG&データインテリジェンス担当マネージングディレクター、Amanda Cartyによると、本プラットフォームの立ち上げは、サステナビリティの専門家が「圧倒的な量の気候データの収集と整理」、「取締役会に明確で説得力のあるストーリーを提示する」という重要課題に対応することを目的としている。

本ソリューションは、同社が2021年に、ESGデータ集約・報告ソフトウェア会社Accuvioの買収と同時に発表した、同社のGRCプラットフォーム上でのESGソフトウェアソリューション「Diligent ESG」の発売を受けたものである。

【参照ページ】
(原文)Diligent Launches Board Reporting for ESG, Providing Directors with Clear and Consistent Insight into Climate Performance amid CSRD and Upcoming SEC Climate Disclosure Requirements
(日本語訳)Diligent、取締役会レベルのESGレポーティング・プラットフォームを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る