AFCとInfinity、アフリカ最大の再生可能エネルギー発電事業者を買収

AFC、Infinity、アフリカ最大の再生可能エネルギー発電事業者を買収

7月16日、再生可能エネルギー企業のInfinityとインフラソリューションプロバイダーのアフリカ金融公社(AFC)は、アフリカ最大の自然エネルギーに特化した独立系電力会社であるLekela Powerを買収する計画を発表した。

本買収により、 Infinityはアフリカ大陸で最大の再生可能エネルギー企業となる予定だ。

AFCによると、今回の買収は、アフリカにおける再生可能エネルギー容量の劇的な成長が期待される中で行われた。アフリカ大陸の再生可能エネルギー設備容量は、2040年までにほぼ10倍の530GW以上に増加すると予想されており、そのうち太陽光発電は340GWに、風力は90GWに増加するとされている。また、再生可能エネルギー資源の増加は、アフリカの人口の約半数がまだ電気へのアクセスを持っていない中で、エネルギーアクセスを促進すると予測される。

2015年に設立されたLekelaは、アフリカ全域で公益事業規模のプロジェクトを提供している。買収案には、エジプト、セネガル、南アフリカで合計1GW以上の設備容量を持つ風力発電プロジェクトのポートフォリオと、グリーンフィールドプロジェクトの1.8GWのパイプラインが含まれている。Lekelaは現在、持続可能なインフラ投資家であるActisが60%、風力・太陽光発電事業会社Mainstream Renewable Powerが率いるコンソーシアムが40%を所有している。

【参照ページ】
(原文)Infinity Group and Africa Finance Corporation (AFC) to Buy Lekela Power in Africa’s Biggest Renewable Energy Deal
(日本語訳)インフィニティ・グループとアフリカ金融公社(AFC)がアフリカ最大の再生可能エネルギー案件であるレケラ・パワーを買収へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る