米証券取引委員会(SEC)、審議実施の中、気候情報開示規則を一時停止

4月8日、米国証券取引委員会(SEC)は、気候変動に関連するリスクと温室効果ガス(GHG)排出量の報告を企業に義務付ける、最近発表した気候変動開示規則の実施を一時停止したと発表した。

しかし、規則の一時停止が決定されたにもかかわらず、SECは声明の中で、「適用法に合致し、委員会の長年にわたる権限の範囲内」であるとして、新しい気候変動開示要件を「精力的に擁護し続ける」と述べた。

SECは、3月上旬に新ルールの発表と採用を発表した。これは、SECが最初に草案を発表してから2年後のことで、米国の上場企業に対し、事業が直面する気候変動リスク、それらのリスクへの対応計画、悪天候が財務に与える影響、場合によっては事業活動から排出される温室効果ガスに関する情報開示を初めて義務付けるものである。

エネルギー・サービス企業のリバティ・エナジーとノマド・プロパントが裁判所に提出した、規則見直しの保留を求める申し立て(裁判所はこれを認めた)、アイオワ州のブレンナ・バード州知事を筆頭とする共和党の25州知事が提出した規則反対の訴訟、米国商工会議所が主導した規則の停止を求める別の控訴裁判所の申し立てなどである。

規則に対する反対論は、要求事項が企業にとってあまりにも過酷で高コストであること、GHG排出量データを含む要求される情報が信頼性に欠けるか過度に推測に基づくものであること、規則がSECの権限を超えていることなどを主張している。

SECの決定を受けて発表された声明の中で、アイオワ州のブレナ・バード司法長官は、この情報開示規則を「企業に対する気候変動に関する法外な義務」であるとした。

共和党各州の訴えを受け、民主党の司法長官19名からなる連合は、SEC規則を擁護するキャンペーンを開始し、今週初めにこの訴訟への介入を申し立てた。同申立書は、この規則が「標準化され、比較可能で、信頼できるデータ」を投資家に提供し、気候変動関連リスクの評価を可能にすると主張している。

SECの声明は、裁判での異議申し立てを受け、気候変動開示規則を一時停止することを発表し、その理由として、「これらの異議申し立ての秩序ある司法上の解決を促進し、控訴裁判所が本案の決定に集中できるようにするため」と説明した。

同声明はさらに、「欧州委員会は、最終規則の有効性を法廷で強力に擁護し続け、訴訟の迅速な解決を期待している」と付け加えた。

【参考ページ】
(原文)SEC Climate Rule Pause Creates Path for Faster Court Decision
(日本語参考訳)SEC気候変動規制の一時停止は、より迅速な裁判決定の道を開く

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る