EYがサステナブル・ファイナンス・ハブを立ち上げ

EYがサステナブル・ファイナンス・ハブを立ち上げ、金融機関が新たなESG報告や規制要件に対応できるよう支援

4月5日、プロフェッショナル・サービス企業のEYは、金融機関のESG規制および報告要件への対応をグローバルにサポートすることを目的とした、サステナブル・ファイナンス・イノベーション・ハブの新設を発表した。

ダブリンを拠点とするこの新ハブには、今後数カ月で、環境、社会、ガバナンスの柱にまたがる40人のスペシャリストが加わる。そして、EYアイルランドの既存の金融サービス・サステイナブル・ファイナンス・チームの3倍以上の規模となる。同ハブには欧州、アジア太平洋、米国のサステナビリティの専門家も加わる。

EYアイルランド・金融サービス・カントリー・リードのコリン・ライアン氏によると、金融サービス業界は、早ければ今年中に開示期限を迎えるなど、規制要件の高まりに直面しており、新ハブの立ち上げは、「企業がより効果的に活動報告を行えるようサポートし、クライアントが進化する規制環境に確実に準拠できるよう支援する」という。

EYによると、このチームは、生物多様性と自然、EU規制、国際目標などの分野に特に重点を置き、ESG報告に関するアドバイスを顧客に提供するという。

EYは、グローバルな顧客需要の高まりに対応するため、今後1年間で2桁の収益成長が見込まれると付け加えた。

新拠点はEYアイルランドの金融サービス部門パートナー、ショーン・マクヘイル(Sean MacHale)氏が率いる。

【参照ページ】
(原文)EY launches Global Sustainable Finance Innovation Hub in Dublin to accelerate ESG progress for financial firms
(日本語参考訳)EY、ダブリンに「グローバル・サステイナブル・ファイナンス・イノベーション・ハブ」を設立 金融企業のESG進展を加速

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る