AXA IM、5億ユーロの自然共生型ソリューション戦略を開始

9月23日、アクサグループのオルタナティブ投資事業であるAXA the IM Altsは、気候変動への対応と生物多様性の保全を目的とした自然ベースのソリューションのプラットフォームを拡大し、新たに「自然資本」戦略を開始することを発表した。本戦略は、アクサグループの投資家から5億ユーロのコミットメントを得て展開される。

本戦略は、昨年、アクサグループが持続可能な森林管理を支援するために15億ユーロ(約2,000億円)を投資することを約束したことの一部をなすものだ。アクサは、この投資により、年間25メガトンのCO2が回収されるものと見込んでいる。

新戦略では、脆弱な自然生息地や価値の高い自然生息地を森林破壊から確実に保護するための活動への融資に重点を置く予定だ。これには、森林破壊の要因に対処するための資金や、自主的な炭素クレジットの発行を通じて定量化される森林保護の取り組みを向上させるための資金が含まれる。

【参照ページ】
(原文)AXA IM Alts commits €500 million to Natural Capital strategy
(日本語訳)AXA IM、5億ユーロの自然共生型ソリューション戦略を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る