不動産ESGデータプロバイダーDeepki、炭素計測プラットフォームNoocoを買収

不動産ESGデータプロバイダーDeepkiが炭素計測プラットフォームNoocoを買収

5月25日、不動産サステナビリティデータソリューションプロバイダーのDeepkiは、組み込み型炭素測定スタートアップのNoocoを買収したことを発表した。

パリに拠点を置くNoocoは、フランスのエネルギーサービス・インフラ企業であるVINCI Energiesによって2020年に立ち上げられた。同社は、建物の建設や改修プロジェクトにおけるカーボンフットプリントの測定と最適化に焦点を当てたSoftware as a Service(SaaS)ソリューションを提供している。同社のソリューションは、3,000種類以上の技術設備や材料の炭素影響データを統合しており、ユーザーはそれぞれの影響を比較し、プロジェクトの炭素フットプリントを計算することができるようになっている。

Noocoの創業者であるGuillaume Jarlotは、今回の買収により、同社のプラットフォームをさらに発展させ、2024年には他の欧州市場にも進出する予定であると述べている。

2014年に設立されたDeepkiは、不動産プレーヤーがエネルギー、水、廃棄物の消費データを収集し、データインテリジェンスを利用して資産の環境パフォーマンスを向上させ、ネット・ゼロへの取り組みを支援し、結果を測定できるプラットフォームを提供している。同社は2022年に1億5,000万ユーロ(約209億円)を調達し、その資金で補完的な技術を提供するプロバイダーを含む戦略的買収を行った。

Deepkiによると、Noocoの買収により、建物のライフサイクル全体をカバーするサービスが拡充され、建物の使用段階に焦点を当てた自社のツールに、建設・改修に焦点を当てたソリューションが追加される。

【参考ページ】
(原文)Deepki acquires Nooco, VINCI Energies’ subsidiary specialized in embedded carbon measurement…
(日本語参考訳)Deepki、VINCI Energiesの炭素計測専門子会社Noocoを買収…

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る