不動産ESGデータプロバイダーDeepki、炭素計測プラットフォームNoocoを買収

不動産ESGデータプロバイダーDeepkiが炭素計測プラットフォームNoocoを買収

5月25日、不動産サステナビリティデータソリューションプロバイダーのDeepkiは、組み込み型炭素測定スタートアップのNoocoを買収したことを発表した。

パリに拠点を置くNoocoは、フランスのエネルギーサービス・インフラ企業であるVINCI Energiesによって2020年に立ち上げられた。同社は、建物の建設や改修プロジェクトにおけるカーボンフットプリントの測定と最適化に焦点を当てたSoftware as a Service(SaaS)ソリューションを提供している。同社のソリューションは、3,000種類以上の技術設備や材料の炭素影響データを統合しており、ユーザーはそれぞれの影響を比較し、プロジェクトの炭素フットプリントを計算することができるようになっている。

Noocoの創業者であるGuillaume Jarlotは、今回の買収により、同社のプラットフォームをさらに発展させ、2024年には他の欧州市場にも進出する予定であると述べている。

2014年に設立されたDeepkiは、不動産プレーヤーがエネルギー、水、廃棄物の消費データを収集し、データインテリジェンスを利用して資産の環境パフォーマンスを向上させ、ネット・ゼロへの取り組みを支援し、結果を測定できるプラットフォームを提供している。同社は2022年に1億5,000万ユーロ(約209億円)を調達し、その資金で補完的な技術を提供するプロバイダーを含む戦略的買収を行った。

Deepkiによると、Noocoの買収により、建物のライフサイクル全体をカバーするサービスが拡充され、建物の使用段階に焦点を当てた自社のツールに、建設・改修に焦点を当てたソリューションが追加される。

【参考ページ】
(原文)Deepki acquires Nooco, VINCI Energies’ subsidiary specialized in embedded carbon measurement…
(日本語参考訳)Deepki、VINCI Energiesの炭素計測専門子会社Noocoを買収…

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る