FERC、クリーンエネルギーを送電網に接続する際のボトルネックを解消する新ルール決定

 

7月27日、米連邦エネルギー規制委員会(FERC)は、新たな電力源からの電力を送電網に接続する方法について、過去20年間で最も大幅な変更を承認することを全会一致で決定した。先に送電網接続計画を提出したものが先に承認を得た。

この方法には本質的には何の問題もないが、実際には、申請書を使って順番を確保しようとするエネルギー供給会社から何千もの連系提案がなされることになった。一方、その多くは実際に発電を行う計画を持っていなかった。そのような計画は、相互接続申請が承認された後に立てられることになる。山積みになった保留中の申請を処理することで、地域送電事業者(RTO)の承認プロセスは大混乱に陥った。

新規則が施行された時点で、米国には1250GWの設備容量がある一方、2000GWの新規設備容量が接続許可を待っている状態だった。以前の制度では、相互接続申請が承認されてから新規プロジェクトからの電子が流れ始めるまで5年かかることが多かった。全国的な気温の上昇により電力需要が急増する中、必要とされる新しい発電容量が相互接続の承認待ち行列で滞っていたのだ。

新ルールは、従来の「最初に申請し、最初に承認される」プロセスから、「最初に準備ができ、最初に供給される」アプローチに移行する。この変更を実現するため、FERCは現在、相互接続の申請者に対し、より厳格な手続きを遵守するよう求めている。これ以上、「認可されるのを待ってから実際の計画に取りかかろう」とはしない。今、申請者は、完全に策定された計画があることを示さなければならない。もしそうであれば、そしてプロジェクトを立ち上げ、迅速に発電することができれば、彼らは列の先頭に立つことができる。

Utility Diveによると、新しいルールは、建設される可能性の低い投機的なプロジェクトを排除することを目的としている。FERCのエネルギー政策・革新局のエコノミストであるトリスタン・ケスラー氏によると、FERCは現在、相互接続待ち行列に入ったり残ったりするために、相互接続顧客に対してより多くの金銭的負担を要求している。相互接続の顧客は、増加した調査保証金を支払い、より厳しいサイト管理要件を満たし、商業準備保証金を支払わなければならなくなった、と同氏は付け加えた。

ケスラー氏によると、同規則はまた、地域送電機関やその他の送電事業者が相互接続調査を完了するための期限を定めている。この期限に間に合わなかった場合は罰則が課される。

【参照ページ】
FERC Transmission Reform Paves Way for Adding New Energy Resources to Grid

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る