持続可能な工業用水ソリューションの新興企業Membrion、約18億円を調達

持続可能な工業用水ソリューションの新興企業Membrionが約18億円を調達

8月8日、工業廃水および半導体廃水の持続可能なソリューションを提供するMembrionは、同社のシリーズB資金調達ラウンドが完了し、1,250万ドル(約18億円)を調達したと発表した。

2016年にシアトルで設立されたMembrionは、工業用水の利用者が従来の方法よりも持続可能かつ経済的に廃水を再利用できるようにする。同社は、過酷な条件下で最大98%の水を回収できるセラミック海水淡水化膜を製造しており、熱処理、化学薬品による沈殿、トラックによる敷地外への水の輸送を不要にする。本ソリューションは、マイクロエレクトロニクス、石油・ガス、食品・飲料など、さまざまな分野で利用できる。

MembrionのシリーズBラウンドの第2クローズは、サムスン・ベンチャー・インベストメント・コーポレーションとラム・キャピタルが主導し、550万ドル(約7億円)を調達した。

【参照ページ】
(原文)Membrion Series B round closes at $12.5M Samsung Ventures and Lam Capital invest in Membrion sustainable solutions for industrial and semiconductor wastewater
(日本語訳)持続可能な工業用水ソリューションの新興企業Membrion、約18億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る