KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する専門知識と能力を強化し、ESG戦略と実践を推進することを目的とした6名の独立した評議会であるサステナビリティ・エキスパート・アドバイザリー・カウンシル(SEAC)の設立を発表した。

SEACは、気候、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン、労働力、ガバナンスと透明性、データ責任など、ESGの主要課題に取り組む6人の独立した専門家で構成される。SEACの議長は、オックスフォード大学サイード・ビジネススクールの経営学客員教授であり、サステナビリティ会計基準審議会(SASB)の創設会長、国際統合報告審議会の創設者でもあるロバート・エックルズが務める。

その他のメンバーは以下の通り。

  • アレクサンドラ・ギブンス(Center for Democracy and Technology社長兼CEO)
  • ナット・キーオーン(Center for Climate and Energy Solution社長)
  • アンドリュー・スターン(Economic Security Project シニアフェロー、国際サービス業労働組合名誉会長)
  • フォード財団のミッション投資部門責任者であり、モルガンスタンレーのグローバル・サステナブル・ファイナンス・チームの元共同責任者であるロイ・スワン氏
  • クラウディア・ザイスバーガー(INSEAD起業家精神・家族経営学上級客員教授、INSEADのプライベート・エクイティおよびベンチャー・キャピタルのセンター・オブ・エクセレンスであるグローバル・プライベート・エクイティ・イニシアティブの創設者

KKR は、ESG やサステナビリティに焦点を当てたテーマに積極的に投資しており、最近ではエネルギー転換に焦点を当てた投資やイニシアチブを行っており、今年初めにはサステナビリティ・アドバイザリ ーである ERM の株式の過半数を取得した。またKKRはESGの機能を大幅に拡充し、過去1年間でESGチームの規模を3倍に拡大し、ESGインテグレーション、ESGコンプライアンス、インパクト測定、データサイエンス、レポーティングなどの専門家を加えた。

【参照ページ】
(原文)KKR ANNOUNCES FORMATION OF SUSTAINABILITY EXPERT ADVISORY COUNCIL
(日本語訳)KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る