ICE、2021年の環境関連契約の取引量を発表 想定元本は過去最高の推定1兆ドル相当

ICE、2021年の環境関連契約の取引量を発表 想定元本は過去最高の推定1兆ドル相当

1月11日、世界的な取引所・清算機関であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、2021年の環境契約の取引が過去最高の取引量に急増し、想定元本1兆ドル(約107兆円)に相当する180億トンの炭素排出枠の取引に到達したと発表した。

ICEによると、2021年に取引所で取引された環境先物・オプション契約は過去最高の1900万件で、その内訳はEUの炭素排出枠152億件、カリフォルニア州の炭素排出枠24億件、地域温室効果ガスイニシアチブ排出枠3億4600万件、英国の炭素排出枠2億5500万件となっている。

ICEは過去数ヶ月間、この拡大する市場に対応するため、一連の商品を展開してきた。2020年4月には、EU、カリフォルニア州の排出権先物取引のバスケットに基づき、排出権価格のパフォーマンスのベンチマークを提供するICEグローバル炭素先物インデックスを、2021年には英国の排出権を追加するICE地域温室効果ガスイニシアチブ先物取引を開始した。11月、ICEはICE Global Carbon Futures Indexに基づく先物契約と、2022年第1四半期に見込まれる初のNature-Based Solutions(NBS)炭素クレジット先物契約を開始する計画を発表した。

【参照ページ】
(原文)Record Volume of Environmental Contracts Traded on ICE in 2021 Equivalent to an Estimated $1 Trillion in Notional Value
(日本語訳)ICE、2021年の環境関連契約の取引量を発表 想定元本は過去最高の推定1兆ドル相当

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る