Citi、中東・北アフリカ地域で初のサステナビリティ連動型サプライチェーンファイナンスプログラムを開始

Citi、中東・北アフリカ地域で初のサステナビリティ連動型サプライチェーンファイナンスプログラムを開始

1月12日、Citiは、化学品・消費財メーカーであるヘンケルのために、サステナビリティに連動した新しいサプライチェーンファイナンスプログラムを実施することを発表した。当初はアルジェリアのサプライヤー向けに開始されたこのプログラムは、Citiにとって初の中東・北アフリカ(MENA)向けSSCFプログラムであり、Citiはサステナブル・ファイナンス活動の拡大を目指している。

サプライチェーンファイナンスプログラムは、企業のサプライヤーに対して、製品の納入時やサービスの提供時から支払い期日まで融資を行い、サプライヤーのキャッシュフローや資金調達コストを加速させるものである。この新しいプログラムでは、サステナビリティのパフォーマンスが高い、または向上していることを示すヘンケルのサプライヤーは、シティのサプライチェーンファイナンスを優遇金利で利用でき、サステナビリティのスコアに応じて金利も向上する。

このプログラムの開始は、2030年までに環境金融への5,000億ドルの投入を含む1兆ドルの持続可能な金融を促進するという昨年の公約を含む、持続可能な金融活動を大幅に拡大するというCitiの一連の公約に続くものである。またCitiは、2050年に温室効果ガス(GHG)ファイナンスをネット・ゼロとする目標も掲げている。

【参照ページ】
(参考記事)Citi Launches Sustainability-Linked Supply Chain Financing in Algeria

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る