RE100、2021年版の年次報告書を発表 加盟企業数は349社に。アジアの加盟企業が急増

1月11日、国際環境NGOのThe Climate Groupが運営する事業電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際イニシアチブ「RE100」は、2021年版の年次報告書を発表した。

本報告書によると、RE100に加盟しているメンバーが再生可能電力調達の際に直面する課題として、 再生可能な電力が限られている、または利用できない(66市場の40会員が報告)、調達機会の不足(111市場の37会員が報告)、法外なコスト(41市場の27会員が報告)が 上位3つに挙げられた。

本イニシアチブのメンバーが経験した、調達の障壁を最も多く示しているのはアジアである。27社のメンバーが韓国での障壁を挙げ、日本では24社、中国では22社が障壁を挙げている。2020 年のレポートでは、自然エネルギーの高コスト、企業の調達オプションの貧弱さ、自然エネルギーの 限定的な入手可能性などが、一般的な障壁として挙げられている。当然のことながら、オーストラリア、ロシア、サウジアラビアのような伝統的に化石燃料に依存している国で事業を行うメンバーは、調達オプションの欠如やコストなどの障壁を挙げている。

これらの課題にもかかわらず、最新の報告書では、RE100 の加盟企業数はアジア太平洋地域で年間最大の伸びを示し、36 社が新たにメンバーとなった(これは新規メンバーの 62%に相当する)。RE100のアジア太平洋地域のメンバー数は、2016年の10社未満から102社となり、この地域の企業が再生可能エネルギー100%の電力を採用する意欲を高めていることがわかる。

RE100の会員は、現在、排出量第12位の英国を上回る電力を消費しており、349のメンバーからなる本イニシアチブは成長を続けている。世界の発電による温室効果ガス排出の半分が企業によるものであることから、再生可能エネルギーによる電力100%を達成するための課題を克服し、意欲ある企業がネット・ゼロを達成できるようにすることが極めて重要となる。

【参照ページ】
(原文)RE100 companies need better renewable electricity options from national governments, shows latest report
(日本語訳)RE100、2021年版の年次報告書を発表 加盟企業数は349社に

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る