カナダ、約4,398億円のグリーンボンドを発行

カナダ、約4,398億円のグリーンボンドを発行

2月28日、カナダ政府は、40億カナダドル(約4,398億円)のグリーンボンド発行を完了したと発表した。

新しい債券の発行は、昨年末に政府が発表したグリーンボンド・フレームワークの更新に続くもので、適格投資分野のリストに原子力発電への支出を追加した。原子力を持続可能な活動に分類することについては、EUの持続可能な金融分類に含めることに反対する欧州の加盟国もあるなど、法域によっては物議を醸してきた。しかし、反対にもかかわらず、原子力活動はEUのタクソノミーに含まれることに成功し、英国のタクソノミーにも含まれる準備が整っている。

カナダは2022年に初のグリーンボンドを発行し、グリーン・インフラやその他の気候・環境保護関連プロジェクトへの投資資金として50億カナダドル(約5,489億円)を調達した。直近のグリーンボンド配分報告書では、調達額の3分の1以上が、ゼロ・エミッション車(ZEV)の導入やZEVインフラ整備を支援するプロジェクトなど、クリーンな交通機関への投資に向けられたと報告している。その他、持続可能な農業の実践を支援し、農業部門における温室効果ガス排出を削減する革新的技術の開発を奨励するための資金を提供する「生活天然資源と土地利用」や、「再生可能エネルギー」が上位に割り当てられた。

この新募集は2倍近い申し込み超過となり、最終的なオーダーブックは74億ドル(約8,137億円)を超え、環境・社会的責任投資家が購入者の約3分の2を占め、機関投資家が投資家ベースの33%以上を占めた。

【参照ページ】
(原文)Canada issues second green bond
(日本語参考訳)カナダが2本目のグリーンボンドを発行

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る