Honeywell、超低温化技術でエッフェル塔の新冷房システムを実現

Honeywell、超低温化技術でエッフェル塔の新冷房システムを実現

1月10日、Honeywellはエッフェル塔の新しい冷却システムとして、同社の冷媒技術であるノンフロンR-1234ze(商品名「Solstice ze」)を導入すると発表した。この設備は、塔の西側柱にエネルギー効率とコスト効果の高いソリューションを提供し、温室効果ガスの排出を削減する。

エッフェル塔を運営するトゥール・エッフェル観光協会(SETE)は、老朽化したシステムを、Honeywellのソリューションと部品メーカーAF Energy社、フランスの冷凍専門会社ALM Froid社が提供する装置を組み込んだ最新のシステムに置き換えた。本ソリューションは、EUの規制を満たし、二酸化炭素排出量を削減するために、信頼性、エネルギー効率、安全性を向上させた高性能で持続可能なシステムへ移行するというSETEの厳しい基準を満たしたものである。AFエナジーのコンプレッサーとコンデンサーの可変速との組み合わせにより、Solstice zeはSETEの以前の冷却システムをはるかに凌ぐエネルギー効率を実現した。

Honeywellの画期的なSolsticeハイドロフルオロオレフィン(HFO)技術は、顧客の環境・社会・ガバナンス(ESG)目標の達成を支援し、最終製品の性能を犠牲にすることなくエネルギー効率を向上させるものである。また、HoneywellのHFO技術をベースにしたSolstice zeは、オゾン層の破壊を伴わない。

Honeywellは最近、2035年までに事業と施設においてカーボンニュートラルを達成することを約束した。このコミットメントは、事業と施設の温室効果ガス強度を大幅に削減してきた実績と、数十年にわたるイノベーションの歴史に基づいており、お客様の環境および社会的目標の達成を支援するものである。Honeywellの新製品導入研究開発投資の約半分は、顧客の環境および社会的成果を改善する製品に向けられる。

【参照ページ】
(原文)Honeywell Ultra Low-Global-Warming-Potential Technology Powers New Cooling System At The Eiffel Tower
(日本語訳)Honeywell、超低温化技術でエッフェル塔の新冷房システムを実現

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る