Investor Agenda、機関投資家に向けた気候変動対策に関するケーススタディを発表

Investor Agenda、機関投資家に向けた気候変動対策に関するケーススタディを発表

1月12日、 Investor Agendaは、より多くの機関投資家が気候変動対策に取り組むよう、投資家向け気候変動対策(ICAP)のベストプラクティスに焦点を当てた一連のケーススタディを発表した。

ケーススタディに登場するのは、アリアンツ(ドイツ)、アウェア・スーパー(オーストラリア)、CalSTRS(米国)、キャセイ・フィナンシャル・ホールディングス(台湾)、FAMA Investimentos(ブラジル)、IFM Investors(オーストラリア)、ミライ・アセット・グローバル・インベストメント(韓国)、PensionDanmark(デンマーク)、三井住友トラスト・アセットマネジメント(日本)およびUniSuper(オーストラリア)など5大陸の10社で、これらの投資家は、投資家による気候変動対策(ICAP)のベストプラクティスを紹介している。

ケーススタディでは、彼らの気候変動対策計画が、2021年5月に発表されたインベスター・アジェンダのICAPs Expectations Ladderで説明された行動の一部または全てとどのように整合しているかが詳細に説明されている。このフレームワークは、ICAPsに対する明確な期待を定めており、投資家が気候変動へのコミットメントを実現し、2050年またはそれ以前にネットゼロエミッション経済という世界目標を支援するためのステップも含まれている。

ICAPs Expectations Ladder は、投資家アジェンダの4つの連動した分野(投資、企業参画、政策提言、投資家情報開示)における行動を求めており、ガバナンスはすべての分野にまたがる横断的なテーマとなっている。

このケーススタディは、現在、運用資産60兆ドル近くの271以上の資産運用会社や資産家が、「Net Zero asset managers Initiative」や「Paris Aligned Investment Initiative」を通じてICAPsの発行を約束しており、これらはいずれも「投資家アジェンダ」と国連の「ゼロへの競争」キャンペーンに支持されているものである。国連が招集したネット・ゼロ資産家連盟の資産家は、ICAPsの枠組みに沿った行動を取ることを約束している。

各国政府も、ネット・ゼロの未来への移行に関して、投資家が持つ独自の力を認めており、2021年11月のCOP26で、英国政府は、資産運用会社、規制対象資産家、上場企業に対し、英国の2019年ネット・ゼロ公約を考慮した移行計画の公表を義務付けるという大胆な発表をした。

【参照ページ】
(原文)INVESTOR AGENDA HIGHLIGHTS BEST PRACTICES FROM LEADING GLOBAL INVESTORS
(日本語訳)Investor Agenda、機関投資家に向けた気候変動対策に関するケーススタディを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る