Carrefour、約4,800万円を拠出し有機農業を発展 フランスの地方を活性化を計画

Carrefour、約4,800万円を拠出し有機農業を発展 フランスの地方を活性化を計画

8月3日、Carrefour は、政府との再生協定の枠組みの中で、地方における新たなオーガニック製品ラインを構築し、 農村経済を活性化させるという野心的な計画を発表した。Carrefourは、本取り組みを通じて、有機農業を支援し、フランスの農業地域全体で新たな雇用を創出することに貢献したいと考えている。

同グループは、農家を支援し、さまざまなプロジェクトで資金を援助しようとしている。今回の資金援助は、他の国家支援と組み合わせて利用することができ、2022年第2四半期から、新しい有機製品ラインを導入する6つのプロジェクトの資金として、営業補助金の形ですべての受益者に支払われる予定である。

Carrefourとフランス政府は、フランスにおける6つの新しいオーガニック製品ラインの創設を支援する。フランスの新しいオーガニック製品ラインを創設するいくつかのイニシアティブが、国内の様々な地域で進行中である。 これらは、Carrefourから財政支援を受け、具体化される予定である。

本取り組みは、Carrefourグループが2018年に掲げた「新商品を開発すると同時に、生産者の有機農法への移行を支援する融資ソリューションを提供する」という野心的な目標に沿ったものである。すべての人の食の移行を促進するという目的に後押しされ、カルフールは再び、持続可能な農業の移行を促進するためのコミットメントを確認している。

【参照ページ】
(原文)CARREFOUR IS CONTRIBUTING €350,000 TO A PLAN TO REVITALISE FRANCE’S REGIONS BY DEVELOPING ORGANIC FARMING UNDER A GOVERNMENT AGREEMENT
(日本語訳)Carrefour、約4,800万円を拠出し有機農業を発展 フランスの地方を活性化を計画

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る