Ford、記録的な再生可能エネルギー取引に合意

Ford、記録的な再生可能エネルギー取引に合意

8月10日、自動車大手Fordとデトロイトのエネルギー供給会社DTE Energyは、2025年までにFordのためにミシガン州に650MWの太陽光発電を追加することで合意したと発表した。

本契約は、米国の電力会社による再生可能エネルギーの購入としては過去最大規模となり、ミシガン州における太陽光発電の導入量が70%増加することになる。

この契約は、 Fordが昨年発表した一連のサステナビリティ目標に続くもので、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという既存の目標に加え、2035年までに事業からのスコープ1および2の排出量を2017年より76%削減し、同社製品の使用によるスコープ3の温室効果ガスを50%削減するという公約を掲げている。

今回の発表により、 Fordはミシガン州の全電力供給を100%クリーンエネルギーにすることが可能となり、世界的な目標よりも10年早く、カーボンフリー電力の購入により、60万トンものCO2排出を回避することができるため、同社の気候目標を大幅に支援することになる。

この新しい契約により、 FordはDTEの自主的な再生可能エネルギープログラムであるMIGreenPowerを通じて、二酸化炭素を排出しない電力を購入することになる。DTEは、ミシガン州最大の再生可能エネルギー生産企業である。同社は、このプログラムをサポートするために、数千メガワットの新しいクリーンエネルギープロジェクトを追加することを目指すと述べている。

【参照ページ】
(原文)Ford Motor Company and DTE Energy announce the largest renewable energy purchase from a utility in U.S. history
(日本語訳)フォード・モーター・カンパニーとDTEエナジー社が、電力会社からの再生可能エネルギーの購入額が米国史上最大となることを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る