FedEx Office、配送ネットワークにFord製電気バンの試験導入を開始

FedEx Office、配送ネットワークにFord製電気バンの試験導入を開始

8月9日、FedExの印刷・梱包・配送サービス子会社であるFedEx Officeは、ドア・ツー・ドアの時間指定地方発送ネットワークであるFedEx SameDay Cityにおいてフォードの電気自動車を試験的に導入することを発表した。

本発表は、親会社であるFedExのサステナビリティに関する目標に沿い、2040年までに集配車両をすべてテールパイプ排出ゼロの車両に移行するというFedEx Officeの目標の一環をなすものだ。FedExは昨年、2040年までにカーボンニュートラルな事業運営を実現することを約束するとともに、2040年までに小包集配車両をゼロエミッションの電気自動車に切り替えるという目標を掲げ、2025年までに50%、2030年までに100%の電気自動車購入を中間目標としている。

この試験運用は、Ford Proと共同で実施されます。Ford Proは、商業顧客の生産性を高めるためのソリューションを提供する自動車メーカーの新しいグローバルビジネスだ。

FedEx Officeは、米国内の9つの市場で10台のフォードE-Transit電動貨物バンを試験的に導入し、道路や天候の異なる条件下で車両の性能を評価する予定。 FedExでは、各バンの拠点にこの車両専用の充電ステーションを設置しており、宅配ルートにおけるニーズの変化に応じて、各市場に遠隔充電ステーションを追加していく予定だ。

【参照ページ】
(原文)FedEx Office Pilots Ford E-Transit Vans for FedEx SameDay® City Service
(日本語訳)フェデックス オフィスがFedEx SameDay®シティサービス向けにフォードEトランジットバンを試験的に導入

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る