Diageo、英国でアルミニウムのリサイクルおよび製造の新工場に投資

5月23日、英国の飲料メーカーであるDiageoは、英国における新しいアルミニウムのリサイクルおよび製造工場の開発のために、British Aluminium Consortium for Advanced Alloys(BACALL)に投資することを発表した。

Diageoによると、新工場は、同社の主力製品ギネスとゴードンの4億缶以上の製造に使用できるリサイクルアルミニウムを提供する。操業開始後は、再生アルミニウムの使用量を増やすことで、同社の10年間のサステナビリティ・アクション・プランを促進し、ギネス缶は100%再生材料で製造される。

また、新工場は、アルミニウム板の輸出入に伴う二酸化炭素排出量を削減し、アルミニウムを製造するための原材料への依存度を最小限に抑えることができる。さらに、アルミニウムシートの生産に使用されるエネルギー使用量を、従来の生産方法と比較して95%削減することができる。

Diageoは、2021年に英国政府と共同でフィージビリティ・スタディを実施した際に、最初にBACALLと協力した。この研究は、大規模な循環経済戦略を英国のアルミニウム部門全体でどのように採用できるかを理解することを目的としている。

【参照ページ】
(原文)Diageo invests in groundbreaking project to create a circular economy for aluminium in UK
(日本語訳)ディアジオ、英国でアルミニウムの循環型経済を実現する画期的なプロジェクトに投資

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る