グリーンランド自治政府、石油探索打ち切りへ

グリーンランド、石油探索打ち切りへ

グリーンランドは、石油とガス探査の新しいライセンス発行を停止し、数十年続いていたグリーンランド遠方の北極海での資源探索を終了した。

デンマークとグリーンランドの公式の地質調査によると、約180億バレルのリスクのない石油がグリーンランドの西海岸沖にあり、グリーンランドの東海岸の海底の下にも大きな堆積物が見込まれている。

グリーンランドの天然資源大臣は、潜在的な石油埋蔵量が多いにもかかわらず、石油採掘の価格が「高すぎる」と見なしている。また、「これは経済計算に基づいていますが、気候と環境への影響の考慮も決定の中心的な役割を果たします」とも述べた。

グリーンランドは国内エネルギー目標として2030年までにクリーンエネルギー使用を100%にすることを掲げている。

【参照ページ】

(原文)Greenland ends decades-long hunt for oil with ban on new licensing

(日本語訳)グリーンランド自治政府、石油探索打ち切りへ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る