グリーンランド自治政府、石油探索打ち切りへ

グリーンランド、石油探索打ち切りへ

グリーンランドは、石油とガス探査の新しいライセンス発行を停止し、数十年続いていたグリーンランド遠方の北極海での資源探索を終了した。

デンマークとグリーンランドの公式の地質調査によると、約180億バレルのリスクのない石油がグリーンランドの西海岸沖にあり、グリーンランドの東海岸の海底の下にも大きな堆積物が見込まれている。

グリーンランドの天然資源大臣は、潜在的な石油埋蔵量が多いにもかかわらず、石油採掘の価格が「高すぎる」と見なしている。また、「これは経済計算に基づいていますが、気候と環境への影響の考慮も決定の中心的な役割を果たします」とも述べた。

グリーンランドは国内エネルギー目標として2030年までにクリーンエネルギー使用を100%にすることを掲げている。

【参照ページ】

(原文)Greenland ends decades-long hunt for oil with ban on new licensing

(日本語訳)グリーンランド自治政府、石油探索打ち切りへ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る