Workiva調査:投資家の90%がCSRDとSEC気候報告規則がより良い投資判断を促すと回答

Workiva調査:投資家の90%がCSRDとSEC気候報告規則がより良い投資判断を促すと回答

3月、ビジネス・データおよびレポーティング・ソリューション・プロバイダーであるWorkivaが発表した新しい調査によると、投資家はEUのCSRDや米国SECの新しい気候変動報告規則などの新しいサステナビリティ関連報告規則を圧倒的に支持しており、大多数が質の高いESGデータによってより良い投資判断が可能になると考えている。

投資家は新しいESG報告規則を強く支持している一方で、多くの企業は新しいサステナビリティ報告義務を遵守する上での課題を予想していることが、本調査で明らかになった。

報告書「統合報告に関するエグゼクティブ・ベンチマーク2024」のために、Workivaは北米の売上高2億5,000万ドル(約370億円)以上の企業の約900人のエグゼクティブと100人以上の機関投資家に調査を依頼した。

最近の調査によると、米国ではESGやサステナビリティ報告への取り組みに対する政治的な反発があるにもかかわらず、北米の投資家の80%以上が投資判断の方法を変えていないと回答しており、さらに大多数が新しいESG開示規制や新たなESG開示規制に賛成している。EUのCSRD規制には90%、カリフォルニア州の気候変動開示法には89%、SECの気候変動開示規則には91%が賛成している。

同様に、投資家の92%が、企業の長期的な財務見通しを評価するためにESGデータが重要であることに同意し、88%が、ESGデータは財務データと同様に厳格に扱われるべきであると回答した。

しかし、新たな規制が導入されるにつれ、多くの企業が新たな開示ニーズに対応することが困難になると予想している。74%の経営幹部が、今後1年間で規制当局の報告要件に対応することが著しく困難になると報告し、3分の2の企業が新たな規制当局の報告要件に対応する能力に懸念を表明している。テクノロジーは重要な課題であり、エグゼクティブの65%は、現在自社で使用しているビジネスレポーティングテクノロジーが、新たな規制報告要件を満たすには不十分であることを懸念していると報告している。

また、現在ESGと財務報告を統合しているエグゼクティブは、自社がSECの新しい気候変動報告規則を遵守する能力について、約2倍の自信を表明している。

【参照ページ】
Executive Benchmark on Integrated Reporting 2024

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る