CDP、開示基準との整合に向け新しい開示プラットフォームを発表

6月4日、CDPは、企業の持続可能性報告の合理化・簡素化および国際的な開示基準との整合性を目的に、新たなプラットフォームの立ち上げを発表した。また、CDPは、ISSB基準のFRS S2に沿った新しい質問も発表した。

CDPは2023年には、前年比24%増の2万3,000社を超える企業がCDPを通じて情報開示を行い、67兆ドルに相当する企業の情報開示を行った。

CDPによると、新しいプラットフォームとISSB基準との整合は、企業の報告負担を軽減し、企業が新基準に準拠しやすくすることを目的としており、CDPのアンケートの大部分に回答している企業の60%近くがすでにIFRS S2に整合していることを示す新しい調査に言及している。

CDPは、IFRS S2との整合化だけでなく、TNFDの枠組みをアンケートに反映させること、SECの気候変動開示規則、ESRSを開示システムに反映させるなど、今後もサステナビリティ報告基準を追加を検討する計画を明らかにした。

さらにCDPは、グローバル・バリュー・チェーン全体の能力構築を目的とした、中小企業向けの独立したアンケートも発表した。なお、CDPを通じて開示した企業は過去最高の75,000社に上るとしている。

【参照ページ】
過去最高142兆米ドルの資産を持つ金融機関が気候と自然に関する開示を要請 CDPが新たな開示プラットフォームを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る