NGFS、NGFSシナリオの実務ガイダンスを発行

1月23日、気候変動・自然に関する金融リスクを検討するための中央銀行・金融当局ネットワーク「気候変動リスク等に係る金融当局ネットワーク(NGFS)」は、実務ガイダンス「NGFSシナリオ:目的、ユースケース、制度的適応が必要な場合のガイダンス」を発表した。

NGFSシナリオの利用が拡大する中、本文書では、NGFSシナリオの目的と実際的な用途を示すとともに、シナリオ利用者が何を達成しようとするのかを明確にし、利用するシナリオがその目的および特定の要件をどのように満たすことができるかを検討する必要性を認めている。同文書の最後には、シナリオに関するよくある質問が掲載されており、そのオンライン版は定期的に更新される予定。

NGFSシナリオは初回リリース以来、中央銀行、監督当局、その他の金融機関が、気候変動と移行に関連する多様な潜在的未来の意味を探る上で重要な役割を果たしてきた。NGFSは、モデル化技術を改良し、リスクの対象範囲を広げ、気候に関する最新の知見や計算能力、ユーザーのニーズを取り入れることで、継続的にシナリオを強化してきた。しかし、シナリオは依然として改良可能であり、予測としてではなく、最先端の気候科学に基づいた各シナリオの概略的な仮定に基づく、潜在的な経路の内部的に一貫性のあるマクロ財務的説明として見るべきであると主張。

本ガイダンスでは、シナリオ利用者がそれぞれの要求に合わせて分析を調整し、どのようなリスク評価ツールやシナリオ校正が追加的に必要かを判断する必要性を強調。また、利用者がシナリオの強度を適合させる必要があると思われる主な分野も示している。

【参照ページ】
(原文)NGFS publishes a Technical Document providing guidance on the purpose and use of the NGFS scenarios
(日本語参考訳)NGFS、NGFSシナリオの実務ガイダンスを発行

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る