Bank of America CEO、サステナブル・ファイナンスの需要増加を指摘

バンク・オブ・アメリカCEO、サステナブル・ファイナンスの需要増加が増えていると指摘

1月18日、Bank of Americaの会長兼CEOのBrian Moynihanは、2022年は市場や地政学的な逆風があったにもかかわらず、サステナビリティに焦点を当てたプロジェクトへの融資需要は増加したと発表した。

Moynihanは、ダボスで開催されたWEFフォーラムの「Stewarding Responsible Capitalism」パネルで、企業のサステナビリティへのコミットメントと進行中のイニシアティブの勢いが非常に急速に成長している活動レベルで、それは今後も止まらないと指摘した。

Bank of Americaは2021年に、低炭素で持続可能な経済への移行を加速させることを目的とした環境ビジネス・イニシアティブにおける1兆ドル(約129億円)という新たな目標を含め、2030年までに1兆5千億ドル(約193兆円)の持続可能な金融の動員・展開を達成する目標を設定した。

昨年、同社は2021年のサステナブルファイナンス活動が、国連SDGsに沿ったグリーンおよびソーシャルプロジェクトへの融資に動員された資本が、2020年の約1050億ドル(約13.5兆円)に対し、2500億ドル(約32.2兆円)と過去最高を記録したことを報告した。

【参考ページ】
Stewarding Responsible Capitalism

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る