Bank of America CEO、サステナブル・ファイナンスの需要増加を指摘

バンク・オブ・アメリカCEO、サステナブル・ファイナンスの需要増加が増えていると指摘

1月18日、Bank of Americaの会長兼CEOのBrian Moynihanは、2022年は市場や地政学的な逆風があったにもかかわらず、サステナビリティに焦点を当てたプロジェクトへの融資需要は増加したと発表した。

Moynihanは、ダボスで開催されたWEFフォーラムの「Stewarding Responsible Capitalism」パネルで、企業のサステナビリティへのコミットメントと進行中のイニシアティブの勢いが非常に急速に成長している活動レベルで、それは今後も止まらないと指摘した。

Bank of Americaは2021年に、低炭素で持続可能な経済への移行を加速させることを目的とした環境ビジネス・イニシアティブにおける1兆ドル(約129億円)という新たな目標を含め、2030年までに1兆5千億ドル(約193兆円)の持続可能な金融の動員・展開を達成する目標を設定した。

昨年、同社は2021年のサステナブルファイナンス活動が、国連SDGsに沿ったグリーンおよびソーシャルプロジェクトへの融資に動員された資本が、2020年の約1050億ドル(約13.5兆円)に対し、2500億ドル(約32.2兆円)と過去最高を記録したことを報告した。

【参考ページ】
Stewarding Responsible Capitalism

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る