IFRS議長、グローバルなサステナビリティと気候変動に関する報告基準を6月に発表予定

IFRS議長、グローバルなサステナビリティと気候変動に関する報告基準を6月に発表予定

1月19日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)は、サステナビリティと気候関連報告に関する初のグローバル基準の最終版を今年6月に公表すると、IFRS委員長のErkki Liikanen氏が発表した。

ダボスで開催されたWEFフォーラムのパネル「Stewarding Responsible Capitalism」で、Erkki Liikanen議長は本目標を明らかにし、基準の開発スピードについてコメントした。

ISSBは、2021年11月のCOP26気候変動会議で正式に発足し、IFRSサステナビリティ開示基準を開発し、各国・地域が単独で、あるいはより広範な報告枠組みに組み込んで使用できる開示要求のグローバルなベースラインを提供することを目的としている。理事会は、2022年3月に、サステナビリティ関連財務情報の一般要求事項と気候関連開示の2つの報告基準について、最初の公開草案を発表した。

【関連記事】
IFRS、ISSBの新しいサステナビリティ・気候変動開示基準の第一次草案を発表

議長によると、本基準の公表は、世界的に一貫性があり透明性のある報告システムを確立するための第一歩に過ぎず、規制当局による広範な支持と採用が必要であると指摘した。また、IFRSは証券規制当局の主要な基準設定機関であるIOSCOと緊密に連携しており、同機関による “比較的早い “承認が期待されると述べた。

ISSBの次のステップとしては、今年中に最初の基準を公表した後、生物多様性、人的資本、人権に関する報告や、財務報告とサステナビリティ報告との関連性など、一連の問題について協議することであると議長は述べた。

パネルのモデレーターであるCNBCの共同アンカーKaren Tsoから、今年のビジネスリーダーのためのキーポイントを尋ねられたLiikanenは、企業は近い将来、持続可能性の問題についての報告を始めるために今から準備することであると述べた。

【参照ページ】
(参考記事)Global ESG Rules To Be Finalized by February, Rulemakers Say

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る