WBCSD、気候や自然への影響を測定するための循環型指標を更新して発表

5月30日、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)は、フィンランドのヘルシンキで開催された世界循環経済フォーラムで、循環型移行指標(CTI)v4.0を発表した。本指標は、企業が循環型戦略と気候や自然への影響との関連性を定量化するためのもので、最新のフレームワークである。

世界経済の循環率はわずか7.2%であり、企業が循環型パフォーマンスを向上させる必要性は、これまで以上に重要である。循環型経済は、2050年までに現在の世界の温室効果ガス排出量を最大40%削減し、自然破壊を食い止め、さらには逆転させることができるという研究結果が発表されている。しかし、企業は、排出量の削減や自然保護に対する循環型経済の実際の効果を測定するのに苦労してきた。

2020年に30社以上の企業と共同で初めてリリースされたCTIは、企業が自社の循環性を評価し、改善目標を特定し、進捗をモニターするための普遍的で一貫した方法を提供する。

CTIの新バージョンは、GHG影響評価手法を拡張し、循環型社会が企業の製品や素材のカーボンフットプリントにどのような影響を与えるかについて、より完全なイメージを提供することを特徴としている。この更新された手法は、広く採用されている炭素会計の手法に基づき、バリューチェーン全体で製品や素材の再利用を奨励することに重点を置いている。

また、CTI v4.0では、自然への影響に関する新しい指標を導入し、自然喪失の大きな要因である土地利用に焦点を当てた。企業は、CTIの手法を活用して、土地使用への影響を低減するためのさまざまな循環型調達戦略を評価できるようになった。

【参照ページ】
(原文)Circular Transition Indicators v4.0 – Metrics for business, by business
(日本語訳)循環型社会形成推進指標v4.0 – 事業別の評価指標

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る