デロイト、「気候テックエコシステム」を立ち上げ

デロイト、「気候テックエコシステム」を立ち上げ

1月11日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるデロイトは、サステナビリティと脱炭素の目標を達成するために、クライアントが気候技術ソリューションを特定・推進・展開することを支援する新しいサービス「GreenSpace Tech」の開始を発表した。

デロイトによると、新しい取り組みは、企業と気候変動テクノロジーやイノベーターとのエコシステムを結びつけ、急速に変化する気候変動テクノロジーの状況を把握し、ニーズに合ったテクノロジーを選択し、ソリューションを迅速に追跡、開発、展開できるよう支援するものである。

ネット・ゼロ移行の実現にはテクノロジーが重要になると予想される中、多くのソリューションはまだ開発の初期段階にある。デロイトは、新しいイニシアチブの下で、スタートアップ企業、研究機関、インキュベーター、アクセラレーター、大学と産業界をつなぐ仲介役として、顧客が将来のソリューションに投資し、既存のソリューションを展開できるよう支援する。

デロイトは昨年、グローバル・サステナビリティ&クライメート・プラクティスを立ち上げ、10億ドル(約1,315億円)を投じて、クライアントをサポートし、サステナビリティ関連のニーズに対応するための能力・資産・サービスを強化する計画を立てている。同プラクティスは、クライアントの戦略の再定義、サステナビリティの事業への組み込み、税務・情報開示・規制要件への対応、組織やバリューチェーンの変革の加速を支援する。

【参照ページ】
(原文)Deloitte launches GreenSpace Tech, an industry-leading initiative to accelerate sustainability through climate technology ecosystems
(日本語参考訳)デロイト、「気候テックエコシステム」を立ち上げ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る