M&Sとbp、EV充電を顧客に提供

M&Sとbp、EV充電を顧客に提供

12月8日、Marks & Spencer (M&S)とbp pulseは、英国内のM&S店舗にEVの高速充電ポイントを導入する独占契約を締結した。本契約により、M&SとEV充電事業者であるbp pulseは、今後2年間でM&Sの全国店舗のうち約70店舗に900台のEV充電ポイントを設置する予定である。

本契約により、bp pulseのネットワークは大幅に拡大し、英国の充電ネットワークが成長し、英国のEVインフラに最大4万kWhの充電容量が追加されることになる。それぞれのニーズに適した速度を提供するため、超高速(150kW以上)と急速(50kW以上)を組み合わせた充電ポイントを設置する。

M&Sのメイドストン・エクリプス店とサウスゲート店では、試験的に急速充電器(50kW)を設置し、すでに15基が稼動しており、一般に開放されている。

bpとM&Sは、2005年に初めて提携し、bpの店舗にM&Sフードを導入するなど、長年の関係にあります。bpが運営する60店舗以上のフォアコートでは、すでに250台以上のbppulseチャージポイントが設置されており、M&Sフードも販売している。本契約は、この関係を大幅に拡大するもので、両社がネットゼロの目標達成に向けていかに協力しているかを示すものである。

bp pulseは、英国で最も利用されているEV充電事業者であり、主要な超高速・急速公共EV充電ネットワークの1つである。同社は2050年またはそれ以前にネット・ゼロ企業になるというbpの野心を支援し、世界がネット・ゼロになるのを助けるために、世界的に、自動車、小型商用車、トラック用の高速充電ネットワークを拡大している。

bpは、2030年までに英国のエネルギーシステムに最大180億ポンドを投資する計画で英国をバックアップしている。これには、EV充電インフラへの最大10億ポンドが含まれ、2030年までに全世界で10万台以上の充電器を設置するというbpの世界的野心に一歩近づくものである。

M&SのプランAの目標は、2040年までに完全にネット・ゼロにすることである。2021年に掲げたように、M&Sの野心的な目標は単独で達成できるものではない。使用する原材料からお客様のM&S製品の使用方法まで、バリューチェーン全体で排出量削減を実現するためには、お客様、同僚、サプライヤーのサポートが必要である。

【参照ページ】
(原文)Sparking change: M&S and bp pulse to bring EV charging to customers
(日本語参考訳)M&Sとbp、EV充電を顧客に提供

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る