Cosmetics Europe、「Commit for Our Planet」イニシアティブにより、持続可能性に関する業界の行動を結集

Cosmetics Europe、「Commit for Our Planet」イニシアティブにより、持続可能性に関する業界の行動を結集

12月7日、Cosmetics Europeは、欧州における化粧品業界の環境フットプリントを削減することを目的とした、前例のない業界全体の取り組み「Commit for Our Planet」を開始した。

本イニシアティブは、すべての化粧品・パーソナルケア企業が、温室効果ガス排出量の削減、包装ソリューションの改善、自然のための活動を行う業界共同の取り組みに参加することを奨励するものである。すでに27社が「Commit for Our Planet」イニシアティブの枠組みの中でコミットメントを行い、化粧品・パーソナルケア業界を代表するいくつかの国の協会が彼らを支援し、本イニシアティブを推進している。

多くの化粧品・パーソナルケア企業がすでに独自に環境面で大きな前進を遂げているが、Commit for Our Planetは、共同行動を通じて業界としての取り組みを強化・増幅し、業界全体のサステナビリティの水準をさらに高めることを目的としている。

本イニシアティブは、気候、パッケージング、自然という3つのテーマにおける具体的なコミットメントで構成されており、バリューチェーン全体における進展を後押しするものである。これらの分野は、化粧品会社の事業とそれに関連する影響の中心であり、化粧品業界が持続可能な商品の生産と消費の最適化に向けて最も前進できるようにするものである。今後、Cosmetics Europeは、変化する社会の要請と地球のニーズを反映し、またEUの基準との整合性を図るために、サステナビリティのコミットメントを継続的に見直し、強化していく。

本イニシアティブを通じて、Cosmetics Europeは、企業がサステナビリティの約束を果たすのを支援するための一流のツールやガイドラインを提供する。また、Cosmetics Europeは毎年、コミットメントに対する全体的な取り組みについて報告し、業界の進歩と環境へのプラスの影響を示す予定である。

【参照ページ】
(原文)Cosmetics Europe brings together industry action on sustainability through “Commit for Our Planet” initiative
(日本語参考訳)Cosmetics Europe、「Commit for Our Planet」イニシアティブにより、持続可能性に関する業界の行動を結集

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る