炭素回収スタートアップCarbon Clean、200億円を調達し、重工業の脱炭素化ソリューションの規模を拡大

5月11日、炭素回収ソリューションのプロバイダーであるCarbon Clean(以下、カーボンクリーン)は、重化学工業の脱炭素化ソリューションを拡大するため、シリーズC資金調達ラウンドで1億5千万ドル(約200億円)の調達を発表した。本資金調達は、CO2を排出源で捕捉・ろ過し、大気中への流入を防ぐ、点源型炭素捕捉のための過去最大の株式資金調達ラウンドとなる。

2009年に設立されたカーボン・クリーンは、セメント、鉄鋼、製油所、廃棄物エネルギーなどの難燃性産業向けのソリューションを提供しており、従来の炭素回収に比べて設置面積が10倍も小さい完全モジュール式の技術「CycloneCC」を開発した。カーボン・クリーンによると、このソリューションは、設備投資と運用コストを最大50%削減し、炭素回収のコストを平均で1トン当たり30ドル(約4,000円)にまで引き下げる可能性があるという。

カーボン・クリーンの会長兼CEOであるアニルダ・シャーマによると、同社は現在、2030年代半ばまでにギガトン規模のグローバルな産業界の脱炭素化を実現するための軌道に乗っているという。重工業は世界のGHG排出量の約30%を占めており、本資金調達により、同社は重工業向けの炭素回収ソリューションで世界をリードするプロバイダーとなる目標の達成につながる。

【参照ページ】
(原文)Carbon Clean raises $150m in record carbon capture funding round
(日本語訳)Carbon Cleanは、記録的な炭素回収資金調達ラウンドで1億5,000万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る