ゴールドマン・サックス、再エネ技術を提供するSkySpecs社に約100億円を投資

5月12日、再生可能エネルギー技術を提供するSkySpecsは、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのサステナブル・ファイナンス部門で、8,000万ドル(約100億円)の資金調達成功を発表した。

2012年に設立されたSkySpecsは、再生可能エネルギーの資産所有者が、資産の健全性の把握、故障の予測、修理の優先順位付け、資産の耐用年数の延長によって生産性・効率・収益を改善できるようにするためのデータおよび分析ソリューションを提供している。

SkySpecsは、北米の全風力タービンブレードの約45%を監視し、30カ国以上で約118ギガワットの再生可能エネルギー資産を管理している。

本調達で得た資金は、SkySpecsの再生可能エネルギーの運用・保守データ収集と分析ソフトウェアの提供拡大、および同社の地理的な事業拡大に充てられる予定だ。

【参照ページ】
(原文)SkySpecs Accelerates Growth with $80 Million Strategic Investment led by Goldman Sachs Asset Management
(日本語訳)ゴールドマン・サックス、再エネ技術を提供するSkySpecs社に8,000万ドルの投資を実行

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る