欧州委、アスベストの職業暴露制限値の引き下げを発表

9月28日、欧州委員会は、欧州連合のアスベストの職業暴露制限値を、8時間時間加重平均で1立方センチメートルあたり0.1繊維から0.01f/cm3へと一桁下げることを提案した。現在のOELは2003年に採択された。EUでは2005年からすべてのアスベストが禁止されているが、欧州グリーン・ディールの一環として今後数年間に改修されるであろう古い建物の多くには、まだこの物質が存在している。

提案によると、EU域内でアスベストに暴露されている労働者の数は410万人から730万人にのぼる。その大半(97%)は、建設業およびその関連職種で働いている。これらの労働者は、改築、メンテナンス、修理、解体作業中にアスベストを含む材料を取り扱うことで暴露される。その他、廃棄物処理、採掘、消防、トンネル掘削・保守などでも暴露されている。

デンマーク、オランダ、フランスは以前、現在のEU OELである0.1 f/cm3より低いOELを採用していた。第4のEU加盟国であるドイツでは、OELは0.1f/cm3であるが、強制的なガイドラインにより、実際の暴露濃度は0.01f/cm3未満になると考えられている。

欧州委員会によると、Asbestos at Work Directive(AWD)と呼ばれるアスベストの職業暴露に関する現行規制を維持した場合、今後40年間で推定884件のがん患者と707件の死者が発生する一方、改正案を採用した場合は推定663件のがん患者が防止されるという。

本提案では、アスベストの実験室での測定方法として位相差顕微鏡(PCM)を維持しつつ、可能な限り電子顕微鏡の使用を奨励するとしている。

【参照ページ】
(原文)Commission acts to better protect people from asbestos and ensure an asbestos-free future

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る