DBS銀行、シンガポールの銀行初の取締役サステナビリティ委員会を発足

 

3月7日、シンガポールのDBS銀行は、さらなるガバナンスの提供とサステナビリティ課題の監督を目的とし、取締役会サステナビリティ委員会(BSC)の発足を発表した。DBSによると、この種のBSCはシンガポールの銀行としては初めての試みである。

新委員会の委員長はDBSのCEOであるピユシュ・グプタで、委員には現DBS取締役のチョンカイフォン、ジュディ・リー、タム・サイ・チョイらが含まれる。

DBSは、BSCが監督する重要なESG事項として、DBSのサステナビリティの柱である責任ある銀行業務・責任あるビジネス慣行・銀行業務を超えた影響の創出に関する戦略や目標・サステナブルな開発目標・気候関連事項・サステナビリティ情報開示・サステナビリティに関するステークホルダーの関与やガバナンスなどを概説している。

【参照ページ】
(原文)DBS establishes Board Sustainability Committee
(日本語訳)DBS、サステナビリティの課題を監督する取締役会委員会を発足

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る