DBS銀行、シンガポールの銀行初の取締役サステナビリティ委員会を発足

 

3月7日、シンガポールのDBS銀行は、さらなるガバナンスの提供とサステナビリティ課題の監督を目的とし、取締役会サステナビリティ委員会(BSC)の発足を発表した。DBSによると、この種のBSCはシンガポールの銀行としては初めての試みである。

新委員会の委員長はDBSのCEOであるピユシュ・グプタで、委員には現DBS取締役のチョンカイフォン、ジュディ・リー、タム・サイ・チョイらが含まれる。

DBSは、BSCが監督する重要なESG事項として、DBSのサステナビリティの柱である責任ある銀行業務・責任あるビジネス慣行・銀行業務を超えた影響の創出に関する戦略や目標・サステナブルな開発目標・気候関連事項・サステナビリティ情報開示・サステナビリティに関するステークホルダーの関与やガバナンスなどを概説している。

【参照ページ】
(原文)DBS establishes Board Sustainability Committee
(日本語訳)DBS、サステナビリティの課題を監督する取締役会委員会を発足

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る