DBS銀行、シンガポールの銀行初の取締役サステナビリティ委員会を発足

 

3月7日、シンガポールのDBS銀行は、さらなるガバナンスの提供とサステナビリティ課題の監督を目的とし、取締役会サステナビリティ委員会(BSC)の発足を発表した。DBSによると、この種のBSCはシンガポールの銀行としては初めての試みである。

新委員会の委員長はDBSのCEOであるピユシュ・グプタで、委員には現DBS取締役のチョンカイフォン、ジュディ・リー、タム・サイ・チョイらが含まれる。

DBSは、BSCが監督する重要なESG事項として、DBSのサステナビリティの柱である責任ある銀行業務・責任あるビジネス慣行・銀行業務を超えた影響の創出に関する戦略や目標・サステナブルな開発目標・気候関連事項・サステナビリティ情報開示・サステナビリティに関するステークホルダーの関与やガバナンスなどを概説している。

【参照ページ】
(原文)DBS establishes Board Sustainability Committee
(日本語訳)DBS、サステナビリティの課題を監督する取締役会委員会を発足

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る