Air LiquideとVattenfall、ベネルクスで115MWの再エネ契約を締結

Air LiquideとVattenfall、ベネルクスで115MWの再生可能エネルギー契約を締結

10月21日、産業ガスおよびサービスサプライヤーであるAir Liquideと、スウェーデンに本社を置く電力・熱供給会社Vattenfallは、ベネルクスにおける再生可能エネルギー設備容量115MWの新たな電力購入契約(PPA)に調印した。

新しいPPAは、Air Liquideにとってベネルクスで2件目となる大規模な再生可能エネルギー契約である。本契約により Air Liquide が同地域で利用可能な再生可能エネルギー発電容量は27万kWとなり、これは同地域における電力消費量の70%以上に相当する。 Air Liquide は、ベネルクスを拠点とする産業および医療活動の脱炭素化に貢献するだけでなく、この契約により顧客は最終製品の炭素含有量を削減することが可能になると述べた。

また、同地域で締結されたPPAにより、Air Liquideは契約期間中に最大850万トンのCO2排出量を削減できるとしている。

新たに契約される再生可能エネルギーは、オランダ沿岸から約18〜36キロ離れた北海に位置し、Vattenfall、BASF、Allianzが所有するHollandse Kust Zuid(HKZ)で発電される。タービン139基、1.5GWの風力発電所は、2024年にフル稼働する予定である。PPAの契約期間は2026年から15年間。

【参照ページ】
(原文)Vattenfall and Air Liquide sign long-term electricity supply agreement for offshore wind
(日本語参考訳)ヴァッテンフォールとエア・リキード社、洋上風力発電の長期電力供給契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る