Colgate-Palmolive、再生可能エネルギー契約により米国内の電力需要を100%カバー

Colgate-Palmolive、再生可能エネルギー契約により米国内の電力需要を100%カバー

9月15日、Colgate-Palmoliveは、テキサス州ウェーコ郊外に計画されている太陽光発電所の開発業者と20年間の仮想売電契約(VPPA)を締結したと発表した。本発電所は、Colgate-Palmoliveが米国で必要とする電力需要の100%に相当する電力を生産する予定である。

計画されている209メガワットのマーカム太陽光発電所は、コロラド州を拠点とする再生可能エネルギー開発・所有・運営会社であり、ブルックフィールド・アセット・マネジメントのポートフォリオ会社であるスカウト・クリーン・エナジーのプロジェクトである。この本発電所は、ERCOTの送電網に約3万2200世帯分の電力を供給するのに十分なクリーンエネルギーを発電することが期待されている。Scoutは、2023年秋までに太陽光発電所の建設を開始し、2024年末までに完成させる予定だ。

VPPAを通じて、Colgateはクリーン・エネルギー・クレジットを獲得し、2040年までにネット・ゼロを達成するという二酸化炭素排出量の目標に近づくことになる。Colgateは、2022年のクライメート・ウィーク・ニューヨークで、耐久消費財・家庭用品・パーソナルプロダクツ部門の大手多国籍企業として初めて、ネット・ゼロ・カーボン目標が科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)によって承認されたことを発表した。

2025年サステナビリティ・社会的影響戦略の一環として、コルゲートは2022年にトルコ、南アフリ カ、アルゼンチン、ブラジルの施設に新たに4つのオンサイト・ソーラー設置を完了した。これにより、オンサイト・ソーラーを設置するColgateの拠点は合計17カ所となった。2022年12月31日現在、Colgateの全世界の電力消費の約52%は再生可能エネルギーから供給されている。

【参照ページ】
Colgate-Palmolive Continues to Accelerate Action Towards Goal of Net Zero Carbon Emissions

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る