マッコーリー率いるコンソーシアム、レデン・ソーラーを約3,200億円で買収

マッコーリー、BCI、MEAGがレデン・ソーラーを25億ユーロで買収

マッコーリー・アセット・マネジメント(以下、MAM)、ブリティッシュコロンビア投資顧問(BCI)、MEAGなどの投資家コンソーシアムは、太陽光発電の再生可能エネルギー事業者レデン・ソーラーを企業価値25億ユーロ(約3,200億円)でPEファンドのインフラヴィア・キャピタル・パートナーズらから買収したと発表した。

2008年に設立されたレデン・ソーラーは、ヨーロッパとラテンアメリカで太陽光発電所の建設と運営を行っている。同社は8カ国で活動しており、762MWの運用ポートフォリオと15GWの開発パイプラインを有している。フランスとスペインが同社の中核市場であり、最近ではイタリアなどにも進出している。

MAMが保有するレデン・ソーラーの株式は、マッコーリー・グローバル・インフラストラクチャー・ファンドおよびマッコーリー・グリーン・インベストメント・グループ・リニューアブル・エナジー・ファンド2(MGREF2)を通じて取得する。本日の発表は、2021年11月にフランスの太陽光発電プラットフォームApex Energies Groupの株式90%を取得したことに続く、MGREF2にとって4件目の投資となる。

【参照ページ】
(原文)Macquarie Asset Management consortium agrees to acquire Reden Solar
(日本語訳)マッコーリー、BCI、MEAGがレデン・ソーラーを25億ユーロで買収

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る