Qontigo、三菱UFJ信託にインデックスのライセンスを供与。低炭素銘柄のパフォーマンスを追跡

Qontigo、三菱UFJ信託にインデックスのライセンスを供与。低炭素銘柄のパフォーマンスを追跡

3月7日、リスク・分析・インデックスソリューションを提供するQontigoは、三菱UFJ信託銀行に「iSTOXX MUTB Japan Low Carbon Risk 30 Index」のライセンスを供与した。iSTOXX MUTB Japan Low Carbon Risk 30 Indexは、iSTOXX MUTB Japan Quality 150 Indexから派生したもので、カーボンリスク評価が最も高い日本の証券30銘柄のパフォーマンスを追跡する。

この新しいインデックスは、ESGリサーチとサービスを提供するSustainalytics社のカーボンリスクレーティングを利用して、企業の炭素エクスポージャーの評価とその管理方法を決定する。

また複数の企業が同じカーボンリスク評価スコアを持つ場合、iSTOXX MUTB Japan Quality 150 Indexの構成銘柄で計算される複合品質スコアが最も高い企業を優先する。

【参照ページ】
(原文)Japan-focused low carbon STOXX index licensed to Mitsubishi UFJ Morgan Stanley Securities Co., Ltd.
(日本語訳)QontigoとMUFG、日本で低炭素リスクが小さい企業を対象にインデックスを開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る