GoogleとESG Book、Google Cloud上でのサステナビリティデータの無償提供を開始

ESGデータソースESG BookをGoogle Cloudで無償提供開始

3月8日、サステナビリティデータソースのESG BookとGoogle Cloudは、クラウド技術による次世代ESGデータソリューションの提供を目的とした協業を発表した。これによりGoogle Cloudの顧客は、ESG Bookの一連のサステナビリティデータ製品およびソリューションへのアクセスが可能になる。

ESG Bookは、ESGに特化した金融テクノロジー企業であるアラベスクが開発し、HSBC・ドイツ銀行・GRIを含む金融機関・投資家・サービスプロバイダーの同盟のもと、アクセス可能で透明性があり比較できるESGデータの提供を目指している。ESG Bookは、公共財としてのESGデータを作成するというミッションに基づき、すべての企業・投資家・基準設定者・ステークホルダーが利用できるように作られており、国連グローバルコンパクトの10原則を支持している。

今回の提携により、Google Cloudの顧客は、Google CloudのAnalytics Hubを通じてESG Bookの一連のサステナビリティデータ製品およびソリューションにアクセスできるようになる。これにより、ESG Bookが提供する幅広いサステナビリティ指標や企業の温室効果ガス(GHG)排出量、グリーン収益に関するデータ、さらにサステナブル・ファイナンス開示規則(SFDR)、気候関連金融開示タスクフォース(TCFD)、タクソノミーの要件に対応する独自の規制ソリューションへのアクセスが可能になる。

【参照ページ】
(参考)Arabesque’s ESG Book Launches on Google Cloud
(日本語訳)ESGデータソースESG BookをGoogle Cloudで無償提供開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る