中国政府、「第14次5カ年計画」を発表。グリーン化・デジタルフォーメーションなど強化

中国政府、「第14次5カ年計画」を発表。グリーン化・デジタルフォーメーションなど強化

12月21日、工業情報化部、科学技術部、資源部など3省委員会が共同で「第14次5カ年計画」を発表した。本計画では、研究開発や生産能力合理化、グリーン化、デジタルトランスフォーメーション(DX)、そしてサプライチェーンの安定性強化の合計5つが重点施策として挙げられた。

本計画が作成された背景として、「中華人民共和国国家経済社会発展第十四次五カ年計画およびビジョン2035の概要」を実施し、原料産業システムの最適化と開放、高品質の発展を加速することが挙げられる。

重点施策の一つである、研究開発強化では、重要テーマを定めた上で、産官学連携を強化するとしている。ブランド、品質、認証制度も改善していく。 主要産業の研究開発投資の強度は1.5%以上にまで引き上げる。

生産能力の合理化では、イノベーションシステムの改善し、イノベーションプラットフォームの担い手の支援強化、イノベーションのメカニズムとエコロジーを最適化・改善をしていく。 産・学・研・応用の深い統合による構成の最適化とリソースの共有化を図る。 また、製品の品質向上、品質管理・工程管理の強化、製品規格・ブランド構築の推進、品質評価・認証システムの改善も行う。

グリーン化では、省エネ・低炭素行動を積極的に実施し、石油化学・化学、鉄鋼、非鉄金属、建材などの重点産業におけるカーボンピーキングの実施計画を策定し、省エネ・低炭素企業の転換・高度化を加速していく。 超低排出とクリーン生産、重点産業における超低排出の実施方法を研究・推進し、製品のライフサイクルを通じてグリーン開発の概念を強化する。

DXの強化には、製造プロセスの知能化を加速し、デジタルインフラの建設を促進し、その立場にある企業に5Gなどの新世代の情報技術を適用してネットワークをアップグレードしていく。「5G+産業用インターネット」統合の展開のため、デジタルサポート基礎を固め、産業別知能製造標準システムの構築を推進し、知能製造標準テスト検証プラットフォームを構築し、多くのデジタル知能システムソリューションを形成し、産業インターネットネットワークのセキュリティ分類と評定管理を実施する。

サプライチェーンの安定性強化では、資源保証能力の向上、国内鉱物資源の合理的開発、多様な資源供給ルートの拡大、「都市鉱山」資源の開発、鉱物資源分野での国際協力の推進に取り組む。 サポート能力を高め、サポート供給ルートを拡大し、産業チェーンのサプライチェーンの欠点を整理し、欠点のある設備の開発と応用を強化し、産業チェーンのサプライチェーンの独立性と制御能力を高める。 安全生産のレベルを高め、企業の本質的な安全を強化し、企業の主要な責任の遂行を促進する。

【参照ページ】《“十四五”原材料工业发展规划》解读

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る