サンタンデール銀行、大手ESGコンサルタント会社ウェイカーボンの株式80%を取得

サンタンデール銀行、大手ESGコンサルタント会社ウェイカーボンの80%株式を取得

スペインの多国籍金融サービス企業であるBanco Santanderは、ブラジルに拠点を置くESGコンサルタント会社WayCarbonの株式の80%を取得したと発表した。

この買収は、サンタンデール銀行のサステナビリティサービスの強化と、急成長するボランタリーカーボン市場でのプレゼンス拡大を目的としている。

ウェイカーボンは、18カ国に170名の従業員を擁し、ESGコンサルティング、ESG戦略の追跡と実施を支援する管理ソフトウェア、炭素クレジット取引という3つの中核サービスを提供している。

サンタンデールによると、今回の買収によりエネルギー転換に焦点を当てた顧客への提案を強化できるほか、2025年までに1,200億ユーロ、2030年までに2,200億ユーロのグリーンファイナンス動員を促進し、顧客向けのグリーン商品の開発や低炭素経済への移行を支援といった、サステナブル・ファイナンスの推進が可能になる。

【参照ページ】
(原文)Santander acquires 80% of leading ESG consultancy, WayCarbon
(日本語訳)サンタンデール銀行、大手ESGコンサルタント会社ウェイカーボンの80%株式を取得

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る