気候テックのアルカディア、コミュニティ・ソーラーやエネルギー・データ・ソリューションで80億円の資金調達

4月11日、気候技術企業のアルカディアは、5,000万ドル(80億円)を調達したと発表した。本調達資金は、同社のコミュニティ・ソーラー・プログラムの拡大と、エネルギー・データ・プラットフォームの新たなユースケースを可能にするAIベースの製品イノベーションの支援に使用される。

2014年に設立されワシントンD.C.を拠点とするアルカディアは、消費者、企業、開発者がクリーンエネルギー・ソリューションにアクセス・拡大できるようにすることを目的としたエネルギーデータ・ソリューションを提供している。同社のソリューションには、地域の太陽光発電所に接続することで、家庭や企業がソーラーパネルを設置することなく再生可能エネルギーにアクセスできるようにするコミュニティ・ソーラー・サブスクリプションや、顧客の解約防止、割り当て管理、請求と送金、ユーティリティ・データ交換、顧客サービスとエンゲージメント、レポーティングを含む開発者向けソリューションなどがある。アルカディアは現在、2GW以上の太陽光エネルギーを管理しており、20万戸以上の住宅と2500以上の組織が太陽光発電所に接続している。

またアルカディアは、国際的なユーティリティ・データ・ベースのArc Platformを提供し、エネルギー使用量、コスト、ユーティリティ・データに関するアカウントとメーター情報をオンデマンドで一元管理することで、企業がエネルギー・ソリューションを構築し、持続可能性の目標を達成できるようにしている。APIベースのソリューションでは、炭素報告目標、エネルギー・コスト予測、太陽光・蓄電・電化プロジェクトの価値の理解、負荷シフトや料金最適化に基づくコスト削減、エネルギーと水道の自動請求書管理などを実現する。

本資金調達ラウンドの投資家には、新規投資家としてマッコーリー・アセット・マネジメントが運営するファンドが含まれ、マッコーリーのシニア・マネージング・ディレクターのグレッグ・コールマンはアルカディアの取締役に就任した。また、過去、アルカディアの資金調達ラウンドを主導したJ.P.モルガン・アセット・マネジメントのほか、エナジー・インパクト・パートナーズ、ボックスグループ、G2ベンチャー・パートナーズ、キャンバークリーク、トライアングルピーク・パートナーズ、ブロードスケール・グループなどの既存投資家も含まれる。アルカディアはまた、J.P.モルガンとの3,000万ドル(45億円)の新規融資枠の締結も発表した。

【参照ページ】
(原文)Arcadia raises $50M to accelerate product innovation and fuel continued growth
(日本語参考訳)アルカディア、製品イノベーションの加速と継続的成長のために5000万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る