Circularise、産業界のサプライチェーンに循環型経済の導入のために約15.6億円を獲得

Circularise、産業界のサプライチェーンに循環型経済の導入のために約15.6億円を獲得

11月17日、オランダに本社を置く、産業用サプライチェーンにエンドツーエンドのトレーサビリティと安全なデータ交換を提供するソフトウェアプラットフォームCirculariseは、シリーズAラウンドで1,100万ユーロ(約15.6億円)を調達したことを発表した。

本資金調達は、ヘルシンキのValo Hotelで開催されたオランダの4TU Impact Challengeのフィナーレで発表された。
本投資は、Brightlands Venture Partnersが主導し、旭化成、Neste、既存の投資家である4impact capitalが参加した。また、欧州委員会からの助成金で補完された。

Circulariseは、産業界のサプライチェーンに循環型経済をもたらすというミッションを推進するために、本資金を活用するとしている。今回の資金調達により、事業、製品、研究開発、国際的なチームの拡大が可能になる。サプライチェーントレーサビリティのリーディングソフトウェアプロバイダーとしての成長を加速させるだけでなく、世界規模での循環型経済への移行を支援することになる。

デルフト工科大学(TU Delft)のMesbah SaburとJordi de Vosによって2016年に設立されたCirculariseは、産業サプライチェーンにエンドツーエンドのトレーサビリティと安全なデータ交換を提供するソフトウェアプラットフォームである。

同社は、プラスチックメーカー、ブランド、OEMが、原材料を調達先から部品に、そして最終的には最終製品に至るまで追跡できるよう支援している。これは、デジタル製品パスポート、SECの気候変動リスク開示規則案、企業持続可能性報告指令などの規制強化に対応するものである。ブロックチェーンやその他の新技術を利用し、企業が機密情報のプライバシーを守りながら、製品に関するデータを共有することを可能にする。

Circulariseは持続可能性を目指し、循環型経済を採用することで、製品を作る際の原材料の無駄を防ぐことができると考えている。長らく続いてきた直線的なシステムを破壊し、環境への有害な影響を低減する。同社は、オープンソースのプロトコルと分散型ネットワークを開発し、グローバルなサプライチェーンに透明性を統合して、循環型経済への移行を図っている。

また、最近、プラスチックや化学品業界において、化石燃料から持続可能な代替品への移行を支援するために、質量バランス簿記のためのソリューションであるMassBalancerを発表した。

【参照ページ】
(原文)Neste, Brightlands Venture Partners, 4 Impact VC and Asahi Kasei invests combined EUR 11 million into startup Circularise to accelerate a shift towards a circular economy
(日本語訳)ネステ、ブライトランズ・ベンチャー・パートナーズ、4 Impact VC、旭化成が、循環型経済へのシフトを加速するスタートアップ企業サーキュライズ社に総額1100万ユーロの投資を実施

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る