IBM・MBZUAI、気候や文化に対応したAIを推進

 

1月17日、モハメド・ビン・ザイード人工知能大学(MBZUAI)は、IBMと共同で、アブダビ・サステナビリティ・ウィークの世界未来エネルギーサミットの一環として、AI Center of Excellenceを正式に発足させた。

同センターは、AI技術の採用を改善し、サステナビリティの推進を支援するためのコラボレーションを推進することを目的としており、既存のエネルギー供給に対するカーボンニュートラルなソリューションの開発、気候変動への対策、アラビア語の方言に対する自然言語処理(NLP)のさらなる普及を目指す。

IBMとMBZUAIの専門家は、気候変動の緩和と適応に関する先進的な研究を行い、脱炭素化に注力する予定である。共同研究チームは、基礎となるAIモデルの開発に取り組む。本モデルは、経済全体の複数のセクターの電化におけるクリーンで再生可能なエネルギーの展開に情報を提供するのに役立つ可能性がある。本アプローチは、適応と回復力を可能にすると同時に、カーボンニュートラルなソリューションの利用を促進するものである。

また、AIセンター・オブ・エクセレンスは、アラビア語の方言のNLPを改善し、アラビア語を話す人にとってAIをより身近で柔軟なものにすることに取り組む。アラビア語の方言におけるNLP能力の向上は、市民、社会、ビジネスの課題解決に役立つとともに、パーソナライズされたカスタマーケア、AI搭載アシスタント、検索の改善、詐欺検出など、実生活に役立つアプリケーションを提供することができる。

クリーンエネルギーソリューションの展開と利用は、UAE Net Zero 2050戦略イニシアチブに沿った、気候変動の課題に取り組み、GHG排出量を削減するUAEのモデルの主要な柱の1つである。AI Center of Excellenceは、データサイエンス、機械学習、自然言語処理の専門知識を持つIBMの研究者と、MBZUAIの教員および学生の才能を活用することを計画している。両チームは、基礎と応用の両方の研究目標を達成するために協力し合う予定である。

IBMは、IBM SkillsBuildプラットフォームを通じて、MBZUAIの学生および教員に、教育・学習・非商業的研究のためのIBMツール、ソフトウェア、コースウェア、クラウドアカウントへのアクセスを提供する予定である。さらに、MBZUAIは、AIカリキュラム、講義、ラボ、業界ユースケース、デザインシンキングセッション、AIプラクティショナー認定を利用することができる。

【参照ページ】
(原文)IBM and MBZUAI Advance AI for Climate and Culture
(日本語参考訳)IBMとMBZUAI、気候や文化に対応したAIを推進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る